Features Features 特長

先進の技術を駆使した高い
安全・安心・快適性

建物の揺れを吸収する制震装置を導入して
安全・安心を確保。
長周期地震、上町断層地震にも対応します。
また、室内環境の快適性や建築物の長寿命化、
景観への配慮などにも取り組み、
大阪市建設物総合評価制度「CASBEE大阪」
最高ランク「S」を目指します。

先進の技術を駆使した高い安全・安心・快適性

先進の技術による優れた耐震性

建物の揺れを吸収する制震装置を導入して
安全・安心を確保
(長周期地震、上町断層帯地震にも対応)

高性能オイルダンパ(HiDAX)の外観写真
HiDAX-Rの外観
制震架構の図
建物躯体への取付け例

「制震ブレース」および新世代制震ダンパー「HiDAX-R(Revolution)@」※1を配置し、「官庁施設の総合耐震計画基準」※2に定める構造体Ⅰ類(防災拠点相当)以上の耐震安全性を確保すると同時に、特に大阪エリアに大きな被害をもたらす長周期地震動(南海トラフ地震)、内陸直下型地震(上町断層帯地震)に対しても効果を発揮。地震の揺れから風揺れ等の小さな揺れまでむらなく制御し、快適性を向上。 ※1 「HiDAX-R(Revolution)@」:自動車のブレーキ制御等で用いられるエネルギーシステム原理を初めて建物に応用し、世界最高の制震効率を実現した新世代制震ダンパー
※2 出典:「官庁施設の総合耐震計画基準および同解説」 
監修:建設大臣官房庁営繕部

災害発生時にはテナント様のBCP拠点としての機能を発揮

安心の電力供給システム
  • 特高3回線ネットワーク受電
  • 72時間対応の非常用自家発電を用意
  • 信頼性の高い中圧ガスを利用したコジェネ500kWを導入
充実した防災対応
  • ゆとりの備蓄倉庫を確保(14階)
  • 帰宅困難者対応一時避難場所:約500m2(2階多目的ホール)
  • 建物安全度判定支援システム(q-NAVIGATOR@)の導入
水害に強いビル
  • 2Fに特高電気室、14Fに機械室を配置
    (重要設備室2F以上に配置することで浸水被害を防ぐ)

大阪市建設物総合評価制度
「CASBEE大阪」
最高ランク「S」目標

国土交通省支援のもと、開発された制度で、
建築物の環境性能を総合的に評価するものです。
省エネルギー・省資源・リサイクル性能をはじめ、
室内環境の快適性や建築物の長寿命化、
景観への配慮なども含めた項目を
5段階にランク付け。
「オービック御堂筋ビル」は
その最高ランクの「S」取得を目指しています。